市販薬の購入代を控除できるセルフメディケーション税制で税金はいくら安くなる?

薬

平成29年から、市販薬を購入した金額を所得から控除できる、セルフメディケーション税制が始まります。毎年確定申告をしている私にとっては気になる制度なので、ちょっと調べてみました。

セルフメディケーション税制って?

スイッチOTC医薬品を12,000円以上購入したら、所得から控除できる

平成29年から、市販薬を購入した金額を所得から控除できる、セルフメディケーション税制が始まります。
市販薬と言ってもどれでもいいわけではなく、スイッチOTC医薬品と呼ばれるものが対象。スイッチOTC医薬品とは、医師の処方箋がなければ買えなかった薬を薬局でも買えるようにしたもので、対象品目は厚生労働省のホームページで見ることができます。

控除できる金額は、1年間の購入金額の合計から12,000円を引いた額です。
もし1年間にスイッチOTC医薬品を20,000円分買ったとしたら、
20,000円 − 12,000円 = 8,000円分が所得から控除できる
という計算になります。

税金はいくら安くなる?

間違いやすいのですが、「控除」なので、8,000円がそのまま戻って来るわけではありません。「控除」とは、1年の所得からその金額を引くことができるということなのです。
仮に控除前の所得が200万円だとすれば、8,000円を引いた(控除した)199万2,000円が課税所得となります。
課税所得が減ると、所得税や住民税が安くなるので、節税になりますね。

この例で言うと、所得税は
控除前:200万円×0.10−97,500円 = 102,500円
控除後:199万2,000円×0.10−97,500円 = 101,700円
800円安くなります。

東京都の場合、住民税の所得割の税率は10%なので、同様に
控除前:200万円×0.10 = 200,000円
控除後:199万2,000円×0.10 = 199,200円
800円安くなります。

合計で1,600円、税金が安くなります。

医療費控除と同時に使うことはできない

ただ、このセルフメディケーション税制、医療費控除と同時に使うことはできません。
医療費控除は、医療費の合計−10万円または総所得×0.05のどちらか低い金額が控除できる制度です。
1年分の医療費合計とスイッチOTC医薬品の購入額合計を比べて、控除額が高くなる方を選ぶ必要がありますね。
注意しなくてはいけないのが、セルフメディケーション税制を利用するためには、健康診断やがん検診などを受けていないといけません。

本当に節税になるのかなあ…

セルフメディケーション税制は、医療費高騰をおさえるために、自費で薬を買うことを促すためのものと言われています。
けど、正直言って、あまり節税にならない…ですよねえ。
上でも計算した通り、20,000円程度ではあまりお得感がない。このためにわざわざレシート集めて計算して書類書いて確定申告して…って手間がかかることを考えると、そこまでするほどの価値があるかは微妙です。

それに、家族が多くてよく薬を買う家庭ならともかく、一人暮らしでは一年に12,000円以上も薬を買うことってあまりないような気がします。
私は頭痛持ちなので、鎮痛薬のイブA錠やリングルアイビーを常備しています。
イブA錠もリングルアイビーも対象品目に含まれていますが、イブA錠は1箱12回分(24錠)で600〜700円くらい。
1年に20箱以上は買わないと控除できないけど、さすがにそんなに鎮痛薬飲まないといけないくらいだったら病院に行った方がいいと思う(笑)

ランキング参加中!応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

Category: 家計管理, 時事ネタ, 節約

タグ: ,

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *